ビジネスで部下を育てる方法というのは、やはりいって何かをさせるというのではなく、自分でやってそれに部下がついてくるというように仕向けるというのがよいというのを実感しました。

人は言ってやらせるのでは、なかなか思ったようには動きません。
ですが、時分から動くようになると、こちらが予想している以上のことをすることもあります。

これは、ある意味では驚きでもありました。
その為には、部下が動ける環境というものを作ってあげることが大切でした。
しかも、これは部下が意識していない状態でです。
いわゆる根回しのようなものです。
他部署の人間に部下がこういう仕事をしているので、見守ってやってくれというようなことを関連部署に根回しするのです。

すると、他部署でも好意的に受け取ってくれます。
そうなると環境が仕事がしやすくなるわけです。ここで根回しがない状態だと、他部署の人も忙しいですからなかなか好意的に仕事をしてくれません。
部下も仕事がやりにくくなるわけです。

このちょっとしたことで大きく変わるということがわかりました。

そして、さらに大切なことは、自分が働いている姿を見せていくことでした。
部下は自分が何をしているのかということを見ています。
そして、その下で働きたいと感じるようになるかが、これで決まります。

自分の下で働きたい考えるようになると、自分から動くようにもなってくることが分かってきました。
やはり、人は感情で動いているのだということが実感できました。