仕事をしていくなかで組織力は非常に問われてきます。
特に部下を持つようになると、育成のための、研修を受けさせられたり、コーチングのための、研修を受けさせられたりします。

その結果によっては人事評価も大きく異なってくるため、非常に重要な要素になってきます。
そこで、現在行われているのが、部下を4タイプに分類してそれぞれの育成方法をマニュアル化していく方法がメジャーになっています。

まず一つ目のタイプとして非常に大人しい受け身のタイプになります。
これは大学までの教育が常に受動の教育方針であったため、このような人材が非常に多くなってきています。
このようなタイプとの接し方は、主導権をこちらに持たせて、上手く引っ張って上げると、より心地よく成果を発揮してくれるタイプになります。

二つ目のタイプとしては、能動的で自ら発信できるタイプになります。
このタイプの人は、学生時代にアルバイトをしているなど、経験が豊富で、人とのコミュニケーションになれています。
そのため、このタイプではある程度自由に仕事をさせて上げるとのびていきます。

三つ目のタイプとしては、研究型のタイプになります。
このタイプは言われたことをきっちりとこなしてくるので、ある程度のマニュアルを渡して、自主的に仕事を推進させると良いです。

最後のタイプは意識が高いタイプです。
仕事に対して、理想が高くモチベーションも高いため、規律を守らせて自主的に取り組ませることで力を発揮してくれます。