コーチングでうまくいく人の特徴は、いかに楽観主義者になれるかです。
目標にチャレンジして、それに対してのより大きな成果を実現するためには、そのための積極的な気持ちを持つ必要が不可欠です。

最初から、目標は立てたけどうまくいくだろうかと、悲観的になったり、目標は立てたから後は勝手に何とかなるだろうと楽天的になりすぎたりすると、ゴールにはなかなか近づくことができません。

そうではなく、目標には必ず近づくことができるし、そのために全力を尽くすという楽観主義にならなくてはなりません。
この楽観主義が目標の達成に対して効果があるということが、さまざまな研究からも実証されているのです。

またコーチングの効果を発揮するためには、日頃の何気ない行動や周囲の環境から、たくさんの気づきを得て創造力を膨らませていくことが大事です。
そのために、目先の行動だけにとらわれることなく、もっと大きな視野を持って冷静に判断し、環境の改善を図ることも重要です。

そして一番重要でかつ最初にやるべきことは、目標達成までのビジョンをしっかりと頭に描き、それを数値化することです。
コーチングの際に、無理な目標の設定をしてはいけません。
目標達成や自己実現までには、数ヵ月から年単位の時間が必要なことも多くあります。

ですので、いつまでにどのくらいの目標を達成をして、それをつなげていくかが重要です。
この目標設定と継続をする力があるかどうかが、コーチングでうまくいくかを大きく左右します。