これは、私は特に予定して行っているわけではありません。
でも、独立してからというのは、ふと気持ちが緩んでしまいがちです。

そんなとき、コーチングを受けることで今後のやる気維持を行うことができます。
人間というのは不思議なもので、何か目標があるうちはそこに向かって頑張れるのですが、いざ目標が叶ってしまうと立ち止まってしまいがちです。
その結果、明日やろう、明日やろうと思っている間に日にちばかりがすぎてしまうのです。
誰にだって起こりうることですから、別に恥じることではないと思っています。
でも、そんな怠け心が蔓延すると、たちまち悪影響が及んでしまいます。

そうならないように、私はコーチングを受けることにしています。
そして、自分の進む道、選ぶ道をしっかり見据え、やる気維持を行っています。

なぜか、コーチングで後押しされたやる気は長続きするような気がします。
やはり、自分自身の心の奥にあるものを導きだしてくれるからでしょうか。
そして、次の目標が定まれば、またコツコツと努力を続けていけるので、私にとってはなくてはならない要素になっています。

コーチングを受ける際に重要なのは、妥協をしないことです。
コーチは、自分を導いてくれる言わばもう一人の自分ですから、少しでも自分の希望と違うときはハッキリと断り、希望に近いことは認めがたいことでも受け入れるという気持ちが大切です。
信頼できるコーチの存在というのも、とても重要です。