手足の末端が痺れるのは、ストレスが主な原因でした。

心と体が密接に関与し合っている事実に驚いたと同時に、ストレスを軽減できないと身が持たないと考えるようにもなります。
いろいろと実践してきたことはありますが、結局はコーチングで心を強くする方法が合っていました。

ストレスにつながる影響力を持つ出来事は、コーチングで洗い出せるだけでなく解決にもつながると今では言い切れます。

心が安定しにくい体質なのではなくて、ストレスの原因を究明する習慣が身についていないだけでした。
心の弱さを自覚している体で話し始めると、コーチングで顔合わせした人が返した答えです。

要因が浮き彫りにならないなら、どのような場所や時間帯にストレスを感じるのかについて記憶をたどるべきとコーチング中に説明を受けました。

時点で大切なのは、解決策を多く考えて最も効果がありそうなものを試すようにとコーチングで伝授されることになります。

仕事で叱責されること自体にストレスを感じていたことが明らかになったので、コーチングの時間内に解決策を模索し始めました。

退勤してからも叱られたときの状況が脳裏をよぎるために、心の底から休日を楽しめず仕事に影響がありました。

過去に起こった出来事は、気にしないように心がけるのが近道であるとコーチングで理解してから少し経ったときのことです。

目の前のことに全ての集中力を投じる気持ちで仕事や私生活に没頭すると、ストレスが和らぎ心の安定を取り戻せました。