自分で何かしらの目標を立て、それを達成しようとするときには、第三者にコーチングをお願いするとより達成が実現しやすいことが良くあります。

目標を達成するためには、まず明確なビジョンが必要です。
多くの場合、目標到達までには数ヵ月や数年といった時間が必要になるため、いくつかの段階に分けて、それを数値化し、進捗具合を分析して、場合によっては目標を立て直す必要が生じる場合もあります。

その過程において、自分で判断するのではなく、客観的に分析してもらう方がより正確な場合が多いのです。

また、目標に向かう過程の中では、ブレが生じたり、諦めるなどの安易な方向に進んでしまう場合もあります。
そんなときコーチングしてもらう相手がいれば、その相手がメンターとなり、的確なアドバイスを受けることができるのです。

それから目標達成には、環境整備が必要不可欠です。

このことにもコーチングは非常に力を発揮します。

環境に関しては、自分が居心地のよい状態を保とうとしてしまいます。
それは無意識のうちに行っている場合がほとんどなので、それを客観的に判断して、アドバイスを受けることは、とても大切なのです。

長い間挑戦を続けていると、さまざまな要素において、脱線していく可能性が増えていきます。

新しい課題が出てくることもあるでしょう。
自分では気づかないことも、たくさんあります。
そのとき、コーチングを受けていれば、これらに二人三脚で立ち向かえるメリットが多くあるのです。