コーチングのプロになって独立しよう!と思う方は多いでしょう。
心の中のもやもやを整理し、やりたいことを明確にさせ、迷いをなくす素晴らしい仕事だからです。

でも、ちょっと待ってください。それだけではビジネスが成り立たないのです。

どういうことかと言うと、コーチングというのはモチベーションをキープしたり、やる気をアップさせる技術のことですよね。
それはつまり、「何か」があってはじめて成立するわけです。

スポーツ選手が「試合に勝つ」為にコーチングを取り入れるのであって、「コーチングをする」為にコーチを取り入れるわけではないのです。

ということは、コーチングのプロとして独立する為にはコーチングの資格はもちろんですが、それ以外の資格や経験が大切ということになってきます。

といっても、特別なことは必要ありません。
もしもサラリーマンの経験があるなら、会社とうまくつきあっていく行き方や脱サラの手ほどきをするというジャンルに絞って、その方面のプロを目指しましょう。

接客や営業経験のある人は人とのコミュニケーションのジャンル、恋愛経験豊富な人は結婚や離婚相談のジャンルでも良いでしょう。

長々と述べましたが、とりあえずコーチ資格は何か取得してください。

国家資格のようなものはありませんから、何でもかまいません。
基礎を学んだ上で、あなた独自のコーチングができるようになれば、おのずと道はひらけていくことでしょう。

その為には、いつも一生懸命に生きるという姿勢が大切になります。

もしコーチとして早めに生計を立てたいのならNLPプラクティショナーNLPマスタープラクティショナーがおすすめです。