プロフィール

自分軸育成コーチ協会 代表理事、高橋 佳代(Kayo Takahashi)

高橋 佳代(Kayo Takahashi)

  • 自分軸育成コーチ協会 代表理事
    (Coach Association for Developing Criteria)
  • 起業初心者専門、おっとりクロージング起業コンサルティング代表

宮城県仙台市出身。
三姉妹次女。
高校卒業後、大阪の調理師学校へ入学。
3年間調理師を経験し、学歴・資格・経験なしからIT業界へ転職。

SE歴8年以上

自己紹介

他人軸の声「●●しなくちゃ」が9割で生きてきた幼少期〜30代前半。

自分軸育成コーチ協会の代表の高橋佳代です。

私は現在、自分軸のある人生をもっと世の中に広めていきたいと思い、自分軸育成コーチ協会を立ち上げコーチ育成の活動をしています。

その前に私がどうして当協会を立ち上げるにいたったか少しお話させてください。

実は、私は、幼少期〜30代前半まで、「●●しなくちゃ」という心の声を優先して生きてきました。

小学校の運動会では1番にならなくっちゃ

小学校の運動会では1番にならなくっちゃ

幼稚園の時、たまたま運動が他の子よりできたことがあって、
運動会などのイベントではそんなにがんばらなくてもいつも1番を取っていました。

はじめは1番を取ることが純粋に楽しめていましたが、毎回喜んでくれる親や先生の姿を見て、負けてがっかりさせてしまったらどうしよう・・・

「期待に添えないことへの不安」が強くなり、

「何がなんでも1番にならなくっちゃ」

このように思うようになりました。

「休まず練習いかなくっちゃ」

そこから少しずつ、他人軸9割の人生を歩んでいたのだと思います。

中学に上がってバスケ部に入部しました。

理由は、3つ上の姉がバスケの試合で活躍している姿を見て、
「カッコいいな」と憧れをいだいていたからです。

憧れからの思いから入部したバスケ部は、予想外に強豪チームで、年間300日くらいは
練習する、とてもハードな部活でした。

「休まず練習いかなくっちゃ」

コートでは先生やコーチから

「サボるな」「力抜くな」「まだやれるだろ」

このような声がいつも聞こえてきました。

そこで自分の中にだんだんと芽生えた意志は

「私もコートの上で活躍したい」
「チームで一丸となって勝ちたい」

そんな理想的な思いとはかけ離れた

「休まず練習いかなくっちゃ」
「自分に与えられた役割を全うしなくっちゃ」

というコーチや先生からの声を優先する意志でした。

そのように、他人軸の人生を歩んでいた私が3年間で部活を休んだのは、
たった1日だけでした。

それも、真夏の練習中にバックランをしていたら、床に滑って転んでしまい
頭から転んでしまったというハプニングがあったからです。

脳しんとうを起こしてしまい、その日だけ安静にしなさいと言われて家に帰りました。

今でこそ、懐かしい思い出になっていますが、

中学を卒業して、その後、社会人になってからも、
憧れで始めたバスケ部の記憶は、修行・苦行の日々として残っていました。

それは、私自身が、他人の声を優先しすぎて、バスケを純粋に楽しむ気持ちを見失ってしまったからだと思います。

「具合が悪くても、無理してでも会社にいかなくっちゃ」

社会人になってからも他人の声を優先しすぎる人生を歩んでいました。

IT業界に就職しましたが、
ちょうど、30歳を目前にして、キャリアアップを図ろうと、
IT業界の中でもこれまでと違う分野に挑戦することを決めました。

同じ業界なので、多少はわかるものの、これまでの専門分野と異なる分野で
スキルや技術は初心者と変わらない状況でした。

そんな中、常駐先の顧客からこんな言葉を言われました。

「使えないやつは容赦無く切るからね」

「使えないやつは容赦無く切るからね」

後から思えば、その人はいい意味で新人にプレッシャーを与えるつもりで
言った言葉だったと思います。

ですが、他人の声を優先して生きてきた私は、その言葉どおり、

「期待に答えられるか答えられないかで、私のこれからの人生が決まるんだ」

このように思い込んでいました。

それが徐々にエスカレートしていって、

「多少具合が悪くても、無理してでも会社にいかなくっちゃ」

このように思いながら、仕事をしていました。

「具合が悪くても、無理してでも会社にいかなくっちゃ」

そんな中、仕事中、お腹が痛くなり、強い吐き気に襲わることがありました。

しかし

「使えないやつは容赦無く切るからね」

という声が頭をよぎり、体の不調を無視して働き続けました。

一生治らないと言われた腸の病気に

しばらくすると、お腹がだんだんと膨れ上がり痛いな、変だなと思うことがありました。

しかし、休んではいけないと思い、痛みを我慢して働き続けました。

一生治らないと言われた腸の病気に

そして、お盆のある日。

休日出勤もありなかなか遠出できる休みがない中、
たまたま1日だけお盆で実家に帰省することができました。

そして、実家に帰り、玄関を開けた瞬間、妹が私の姿を見て泣きながら

「お姉ちゃんそれ絶対変だよ早く入院して」

と言われたのです。

気づいたら3ヶ月ほとんどまともな排便ができていないけど、
体重は8キロも減っていました。

おそらく顔色も悪く、かなりげっそりしていたと思います。

というのも、病院でもらった薬を飲んで、一時的に吐き気が収まり気分は良くなりましたが症状自体は改善されず、1ヶ月くらいまともな食事もとっていませんでした。

それも、取ると1時間くらいひどい吐き気と腹痛に襲われるため仕事にならないからという理由でした。

妹に言われてことの重大さにやっと気づいたのです。

そこで、ようやく大きな病院に行くことにしました。

そして、病院にいって、
『慢性特発性偽性(ぎせい)腸へいそく症』という病気の疑いがあるとのことで、緊急入院となりました。

『慢性特発性偽性(ぎせい)腸へいそく症』

そこではこれまで経験したことのないつらい闘病生活が待っていました。

自分自身の人生を振りかえった

1年半ほど、保険のきかない治療を続けた結果
幸いなことに完治することができました。

治療費や生活費のお金の心配、体調が悪くまともに仕事ができない生活、親に迷惑をかけていることへのストレスなど、人生で初めてしんどい経験をしました。

この経験をもとにどうしてこのようなことを起こったのだろうか?

自分自身の人生を振り返ってみました。

深く考えてみると、私の場合、他人の言葉を1番に優先して行動してしまう癖、
つまり「他人軸」が影響していることにようやくたどりつきました。

他人の言葉を1番に優先して行動してしまう癖

そこから、心理学を学んだり、カウンセリング、コーチングを学んだりするなかで、
他人軸9割だった人生が少しずつ変わっていき、現在に至ります。

しなくちゃ思考からナゼ変われたのか?

私が変われた原因は、一言でいうと「自分軸を育てた」からです。

どうして育てられたかというと、理由は2つでした。

1つは自分軸が育つ方法を学び、実践したこと。

そして、2つ目は、人に伝えてきたことです。

女性・女子、主婦・ママのための週末webプチ起業・副業
絶対に自分がブレなくなる自分軸育成コーチ養成講座タントー高橋佳代

人に伝えることで得られる効果は研究でも明らかになっているそうですが、私の体感だと何倍も効果あったと思っています。

自分軸が育ったら人生変わった

自分軸が育ったら人生がどんどん変わっていきました。

自分がやりたい、叶えたいということを叶えられるようになりました。

例えば、自分のやりたいことをカタチにする手段の一つである、「起業」に挑戦し、
誰かの指示ではなく、自分の意思で仕事をしてお金をいただけるようになりました。

その結果、芯があり、ブレない大人として人間的な魅力が磨かれ、人として信頼されるようになりました。

そして、以前は全く上手くいっていなかった恋愛も、自然と上手くいくようになりました。

4年間も彼氏がおらず、彼氏ができてもお互い仮面をかぶりつづけているような関係にしかなれませんでしたが、それが、理想の人と自然に出会えるようになり、がんばらなくても好きになってもらえ、愛されるようになりました。

なぜ、他の人にも知ってほしいのか?

自分自身の苦い経験と、それを乗り越えた経験を振り返り、
私と同じように、他人軸で生きていることで、ネガティブな出来事を繰り返して
しまっている人や困っている人の何かの役に立てないかという思いで
自分軸育成コーチ協会を立ち上げるに至りました。

自分軸育成コーチ協会

なぜ、こう思えるようになったのか?

自分に聞いてみると、他人の声をばかりを優先する生き方ではなく、自分の声を優先する生き方をすることで、自分の幸福度、人生の満足度が上がったからだと思います。

人は自分が幸福感に満ちていると自然と他の人にも優しく出来る。
そして、自分だけではなく他の人の役に立ちたいという気持ちが自然と沸き起こってきたのだと思います。

もしかしたら
自分が妹から泣かれるくらい心配されたことで助かったことが、人との関わりのありがたみに気づかせてくれたのかもしれません。

そして自然とこのような理念が生まれてきました。

「人に優しくできる人であり続ける」

あり続けるとしたのは、理由があります。

それは、そうでない時があってもよいからです。

いつも、100%その状態を無理して維持すると反動が起こります。

「カンペキ」や「ゼッタイ」の世界とサヨナラし調子の良いときだけ優しくする、
それでもよいと思っています。

でも大切なのが、そうあり続けようとする意思を持ち続けること。

それがいつか無理なく自然に人に優しくすることができたらいいですよね。

こんな理念に賛同してもらえる人とつながっていきたいと考えています。

自分軸育成コーチ協会 代表理事、高橋 佳代(Kayo Takahashi)

 自分軸育成コーチ協会 代表理事、高橋 佳代(Kayo Takahashi)

 自分軸育成コーチ協会 代表理事、高橋 佳代(Kayo Takahashi)